2011/02/08

■他人に操られた人生

一番いけないのが、「他人の人生」を生きることである。
親の期待する人生、
先生の言った通りの人生、
上司の期待する理想の部下、などなど。

(大前研一)


自ら決断し、自ら行動し、自らの人生を100%生きよう。
他人の人生じゃないんだから。自分で決めなきゃね。

これは、こういう意味の言葉なんだと思いますが、
世の中には「敢えて」他人への依存から脱却しようとしない人がいる。


そういう人を見ていて私はふと思いました。

多分それは「自由」があまり好きじゃないのではないか。

何でも選択できる人生。
何でも始められる人生。
何でも止められる人生。
全ての決断を迫られる人生。
全ての責任を負わなければならない人生。

よりも

ある程度、他人から操作される人生。
ある程度、他人から束縛される人生を
心のどこかが望んでいるのかもしれない。

それは一人になりたくないという気持ちから来ているのかもしれない。
全てを自分で決めていい。というプレッシャーに堪えられないからなのかもしれない。
やめてはいけません。と言われないとすぐやめてしまうくらい弱い自分がいるからなのかもしれない。


いずれにせよ、全て決断し全て責任を負って自らの人生をまっとうしようが、他人に操られた人生を送ろうが、自分が後悔しないのであれば、私はそれでいいと思います。


もっとこうしておけば良かった。と思わないのであれば。

posted by リプルス at 20:31 | Comment(2) | 素敵な言葉、感動した言葉
この記事へのコメント
いつも楽しみにしています。

最近『チャレンジする』『頑張る』というようなイメージの投稿が多いですね。
元気付けられます。

元気のない世の中にエールを送っているのかな。
それとも管理人さんが何かにチャレンジしようとしているのかな。

みんな前向きで悔いの無い人生を歩めますように。
Posted by モモ at 2011/02/09/ 12:26
こんにちは

今日、初めてはいけんしました。

今やっているのかわかりませんが、コメントします。

とても感動しました。

心にジーンと、ひびきました

これからも是非、ブログ書いて欲しいです。

みんなのために、私のために。おねがいします!
Posted by sukai at 2011/06/12/ 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。